海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 税理士事務所経営を考える―怖れるべきは「思考停止という病」―Ⅵ(おしまい)

幾つか初歩的でお恥ずかしいような事例を、自分の事務所を引き合いにしてご紹介しました。

ここから「思考停止という病(やまい)」という言葉が浮んできます。

 

人は元来保守的な動物で、変化することよりも、それまでと同じように物事が続いていくことを欲する、といいます。

その保守性は、国民性、宗教観、地域性のような大きなものから職場環境、家庭環境といった小さな単位まで、背景の違いによってそこに所属する人間の意識を支配します。

 

もちろんそれらには、長い時間をかけて培われてきた知恵や伝統のようなものも含まれますので、一概に否定されるべきものではありません。

しかしながら、科学技術の発達や時代背景の変化によって、現実との間にギャップが生じ始めたときは柔軟に対処していくべきでしょう。

 

特にビジネス社会においては、環境の変化=顧客の変化、であることが多く、これに対処できなかったら自らの首を絞めることになります。

また、技術の発達=業務の効率化、という点も同様で、対応が遅れるとライバルに差をつけられ取り返しのつかないことにもなりかねません。

 

つまり、保守性=思考停止、という状況に陥ったとき、事業そのものの危機を迎えてしまうことになります。

特に経営者は、自分自身が或いは組織そのものが、思考停止という病に陥っていないか、常に確認しながら日々の仕事を続ける必要性があるのです。

 

 

おしまい