海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 家電メーカーの分析により日本企業の問題点を洗い出す―その原因と解決策―Ⅵ

さて、長内教授のインタビューは次の指摘で終わっています。

家電メーカーがというより、日本企業全体が心すべき提言でしょう。

それは

・金儲けできる=「クール」

というタイトルで日本企業に対する重要な提言を、アップルのスティーブ・ジョブズを引き合いに出して述べておられます。

 

― 日本勢は、アイディアや技術は持っていますが、それをうまくビジネスに結びつけることができない。

理系と文系、開発と営業という枠組みがはっきりとしています。

これが良くない。

アップルを創業したスティーブ・ジョブズ氏はもともと技術者ですが、彼が技術者として語れることは少ない。

むしろ、マーケティング商品企画経営に秀でていたことが高く評価されています。

技術ではなく、商品を語る。―

 

スティーブ・ジョブズについては以前、映画を観たときの感想をこのブログで書いたことがあります。

ここで述べられている通り、マーケッターとしての彼の才能には驚かされたものです。

世の中に技術に秀でた人間というのは一定程度存在しますが、そのスキルをベースにしながらマーケティングセンスも備えた人材は稀有なのです。

 

そのマーケティングセンスや商品企画力、それらを組み合わせて経営そのものにフィードバックさせるマネージメント力、といったものが、今の日本企業には欠けているのでしょうか。

しかし、考えてみればかつてソニーの盛田昭雄、ホンダの本田宗一郎、京セラの稲森和夫、いずれをとっても、そんな経営センスの持ち主だったのではないかと思います。

 

 

 

つづく