海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 「お金」は優先順位のトップではない!?!―「ゲーテ」創刊12周年記念イベントに出席して・・―Ⅺ

この第2部も最後に質問タイムがありました。

私も聞きたいことはいろいろあったのですが、他にも何人かの手が上がったので、ここでは私は遠慮しました。

その中で

「ベンチャーにチャレンジするというのは、やはり、お金が目的、と言えますか?」

といった質問が出ました。

 

それに対して

「もちろんお金は大事ですが、それを第1の目的とはしません

お金を優先順位の第1位にすると、どうしてもチャレンジ精神のパワーが弱くなります。

お金が目的だと、今まで見てきた中では、途中で守りに入ったり、突き抜ける前の中途半端な状態で会社を売っちゃったり、みたいな感じになっちゃった人が多いです。

世の中を革新するくらいのベンチャーの場合は、お金を優先順位のトップには持ってきません。

とはいっても、そこまで行けばお金は自然についてくると思いますけどね。」

との答えでした。

 

彼らの話は、どれを聞いていても非常に面白かったのですが、中でも印象的だったのは、現代のビジネスを巡る世相について

「何もしないことは大きなリスクである。」

という考え方でした。

むしろ、

「若いうちの1年は大事なのでリスクなんて考えていられない。

リスクを取る経験は若いうちにとっとと済ませた方がいい。」

というくらいに考えているのです。

 

また、早めに起業を経験する意味として、

「そうやって、ベンチャーにチャレンジしていれば、たとえ失敗したとしても、そのときの人脈などを通じて次のベンチャーに繫がりやすい

何もしなければずっと0のままである。」

と、考えていました。

つまり、ベンチャーはベンチャーに繫がる、といった、極めてポジティブな考え方を持っているのです。

 

 

つづく