海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ すぐ受け取れないことに苛立つ私―威張っちゃいけねえ!未熟な自分を反省する―Ⅱ

忘れものの本を取りに行って、その場で受け取れるものと勝手に決め込んでいた私。

 

すぐ受け取れると思っていた私は、「少しお待ちいただけます?」という係りの女性に対して、たちまち不機嫌になり

「時間があまりないんだよね。じゃあ、こちらから取りに行くからそこへ案内してくれる?」

と、少しきつい語調で応えました。

そうすると、若い男性担当をつけてくれて、ホテルのフロントとは反対側の方向に案内してくれたのです。

 

係りの男性は、細長いホテルをしばらく歩いて横切り、建物の反対側の外に出ました。

「え、どこまで行くのかな?」と、少し戸惑う私にかまわず、さらに歩こうとします。

 

私はここでしびれを切らしてしまいました。

「悪いけど、あんまり時間がないんだよね。車をこの辺にまわすから取ってきてくれるっ?」

と、少しイラッとしながら案内の男性に言いました。

 

そんなやりとりをしていたら、向こうの建物から本を手に持った一人のちょっと年配の男性が歩いてくるのが見えました。

案内してくれた担当の男性が「ああ、あそこに持ってきました。」と指さしました。

向こうもこっちに気がつき早足にやって来ました。

 

年配の男性は

「私が、先日お電話を受けた者でございます。今日はわざわざ取りに来ていただいてすみませんでした。」

と、手にした忘れものの本を渡しながら丁寧に頭を下げます。

私の方も

「いえ、いえ、こちらこそ大変ご迷惑を掛けました。どうもありがとうございます。」

と挨拶を返して、件の本は無事手元に帰ってきたのです。

 

 

つづく