海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ いい素材の服は肌触りが良いだけのこと?!―私が「素材」にこだわる理由―Ⅲ

 

次にいい素材の持つ「快適性」であるが、これは言うまでもない。

当たり前の話だが、いい素材の服は肌触りが良い、というだけのことである。

 

今この文章を、シーアイランドコットンの長袖カットソーを着て書いている。

5月も半ば、春から初夏へと季節は移り、日によっては真夏のように暑い。

かといって朝晩はそれなりに冷える。

 

こんな季節は、薄手の長袖カットソーが欠かせない。

そしてそれが肌慣れのいい素材であれば言うことなしである。

 

コットンといえば、今着ているシーアイランドコットン(日本語では「海島綿」という)、エジプトのギザコットンアメリカのスーピマコットン世界の3大コットンである、と何かの本で読んだ。

それぞれ品質の良さを競っているらしいが、やはり、シーアイランドコットンがコットンの王様のようだ。

 

このシーアイランドコットンでは、イギリスの「ジョンスメドレー」というブランドが、ポロシャツその他カットソー素材のカジュアル衣料全般に使っていることで有名である。

私もポロシャツ、Tシャツなど、何枚か所有してその着心地の良さを堪能している。

 

ユニクロでは「プレミアムコットン」シリーズとして、アメリカのスーピマコットンを使ったシャツや下着を販売しているが、肌触りが良いので私も愛用している。

長袖半袖は季節販売らしく、うっかり買い損ねると次のシーズンまで待たなければならない。

 

消耗品なのでボロボロになった奴を着続けているとカミさんに「いい加減捨てなさい!」と怒られる。

そこまで着込んだものもまた格別の着心地で、なかなか捨てられないのだ。

 

コットンの素材の良さについては、あとでまたビジネスシャツについて語るときに触れようと思う。

 

これはコットンの白Tシャツに麻のサマーセーターを合わせたもの。

つづく