海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 埋もれていたものを掘り出し覆っていたものを剥いで削り出す―マイレジェンド、あのとき俺は頑張った!―Ⅱ

誰にでもあるのではないか、と思われるその人にとっての「マイレジェンド」

特に経営者においては、その可能性(切り出せるレジェンド)が大きいのではないか、と思うのです。

 

先述の巨人軍キャンプのエピソードと同様に、経営者であればどこかで必ず、経営上の危機とか逆風に対して、うんと踏ん張った経験とか、異常に頑張った時期というものがあるのではないでしょうか。

そんなものはまるでなかった、という方がむしろ少数派でしょう。

 

今は順調に見えている経営状態だとしても、常に順風満帆だったはずはありません。

おそらく山あり谷ありの中で、苦労したり苦汁を舐めさせられたりしたことはあったと思います。

 

そこで踏ん張った経験というのは、それが重い意味を持っていても、またそれほどではなかったとしても大した問題ではありません。

それを「マイレジェンド」と称してもいいのではないかと、私は思うのです。

 

当の本人は、そんな大したことではなかったよ、と思っていても、傍から見れば

「それって、なんかすごい話ではないですか!?」

といったことは結構あるものです。

当事者が、案外気がついていないだけなのかも知れません。

 

とすれば、それを埋もれさせておくのはもったいない話です。

コラムのタイトルを「削り出しませんか?」としたのはそのためです。

 

新たに話を作るということではないのです。

埋もれていたものを掘り出すのです。

というより、覆っていたものを剥いでいって削り出していくと言った方が適切かも知れません。

 

 

つづく