海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ トップである経営者は自分の「マイレジェンドストーリー」を持つべき―マイレジェンド、あのとき俺は頑張った!―Ⅲ(おしまい)

経営者が、経営上の危機とか逆風に対して、うんと踏ん張ったとか、異常に頑張ったという経験を埋もれさせておくのではなく、掘り起こし、覆っていたものを剥いでいって削り出していく。

 

なぜそんなことをするのか?

・・・それは、そこで顕在化したストーリーは、これまで何回も述べてきましたように、その会社の貴重な財産となって、その後の自社アピールの貴重な材料(ネタ)となるからです。

 

キャリアがまだ浅くて

「本当にそんなもの(レジェンド)はないよ。」

という経営者であっても、今後必ずそれに近いことは体験するはずです。

経営が何の困難もなくスムーズに最後まで行く、なんてことはあり得ないからです。

 

先述の巨人軍の秋季キャンプについて、インタビューに答えていた選手たちは

「二度とあんな目に合いたくはないが、頑張りきったことだけは確かだ。誰一人として脱落者はいなかったし、怪我で離脱した者もいなかった。緊張し充実した時間だった。」

と、同じような内容のことを言っていました。

 

巨人軍のお話は、あくまでも選手個人レベルのもので、もちろん企業のそれとは異なります。

しかし、それを通過した選手は「マイレジェンドストーリー」を胸にその後大活躍します。

 

組織のトップである経営者であれば、一野球選手以上に自分の胸にそれ(「マイレジェンドストーリー」)を持つべきです。

あなたの糧となっているマイレジェンドを削り出してアピールしてみませんか。

 

それは、それを知った人に勇気や感動を与えることは間違いありません。

自分だけで取り組むのは難しいその削り出しのお手伝いを、是非させていただきたいと私は思っています。

 

 

おしまい