海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 「女」にカウントされないであろう姿!!―「20代で知りたかった30代の正解」を読んで―Ⅶ

菊乃さんのAさんに対する厳しい指摘は留まるところを知りません。

何といっても女性は女性の出で立ちに対して厳しい目を向けます。

それはこんな言葉で総括されていることからもわかります。

 

―告白してこない男を追いかけていたAさんも、誕生日が過ぎて年を重ねたタイミングで私のところにご相談にいらっしゃいました。
アイラインはひいていたけれどもチークも口紅も塗っていない薄化粧、プリントスウェット、ロングスカート、スニーカー、コットン素材のトートバッグというもっさりした近所のコンビニにでも行くような姿でした。
「楽な恰好が好きで、カジュアル系なんです」

「妥協すれば結婚できると思うんですが、好きな人と両想いになりたいんです」

と自己認識はカジュアル系、妥協できない女らしいのですが……。
Aさんが追いかけているステキ男子の目には、「女」にカウントされないであろう姿なのです。―

 

うーん、菊乃さんの辛辣な言葉を待つまでもなく、Aさんの出で立ちを想像すると男性があまり振り返らないタイプだろうな、ということは容易に察しがつきます。

「近所のコンビニにでも行くような姿」という表現がまさにそれを表わしています。

 

コンビニだけでなく、例えば週末スーパーなどに買い出しに行っても、上下スエットに雪駄履き、化粧っけのけの字もないといった若い女性を見かけることがあります。(結構多い!!)

そんなとき私は

「この子、女を捨てているのかな?!?」

と思ってしまいます。

 

Aさんの場合、ここまでひどくはないのでしょうが、それでも菊乃さんに言わせると「ステキ男子の目には、「女」にカウントされないであろう姿」ということになります。

そのAさんが「自己認識はカジュアル系、妥協できない女」というのですから、彼我のギャップは大きいと言わざるを得ません。

 

 

つづく