海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 必ずプラス効果となって頑張った経営者にフィードバックされる「情報発信」―自分を追い込むことで見えてくるもの―Ⅲ

                    セミナーで「情報発信」・・・の風景

 

「情報発信」によって、さらに我々が何をすべきかが見えてくる。

その見えてくるものとは何か?

 

例えば一つの仕事を終えたとき、そこから学んだ様々な事象、教訓、反省など振り返るべきことを、自身の中でそれを反芻し、整理し、表現してみるのです。

或いは業界の会合などで、自身の事業に参考になる話など聞いた時は、やはりそれを頭の中で復唱し、整理して書いてみる、という試みも効果的です。

 

特に経営者であれば、そういった使えるネタの幅はかなり広いはずです。

自身の専門性についてだけではなく、もっと経営全般の感想であってもいいかも知れません。

こういったすべてのことを、そのときのテーマとして「情報発信」してみるのです。

 

ここで冒頭の話に戻りますが、そうやって発信された情報は、やがて人々の注目を浴びることになります。

その認知度が上がれば上がるほど、横並びの業界の中から一歩抜きんでた存在になる可能性が大きくなるのです。

 

というのは、ここまで述べてきましたように、常に自らの専門性を俯瞰し考察して発信しているために、そのことに対する見識が深くなるばかりでなく、それを目にした人たちにも有益な情報を伝えていることになるからです。

つまり、アウトプットを続けることによって、自身のビジネスに関する専門性のレベルも上がっていき、それが伝える内容にまで波及するという好循環が生まれるのです。

 

また、以前から申し上げていますように、経営者の発信する情報というのは、こちらが想定している以上に意外なファンがついたりするものです。

そこから新たなビジネスの種が広がるかも知れません。

 

継続的な情報発信というのは、初めなかなかしんどいところもありますが、めげずに続けてみて下さい。

必ず、プラス効果となって、それが頑張った経営者にフィードバックされることと確信します。

 

 

おしまい