海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 日本特有の「贈答文化」―賞味期限の短いノウハウがエラソーだった日々―Ⅲ

冠婚葬祭、接待供応のほかに、これが成功モデルだ、として言われたのが「贈答」でした。

日本には昔から「贈答文化」というものがあります。

これはいわゆる欧米流のプレゼントとは少し異なっています。

 

その代表的な習慣がお中元、お歳暮という奴でしょう。

もちろんこれは、田舎だから・・というわけではなく、日本全国で行なわれている習慣です。

 

ただこれも、私がまだ東京でビジネスに従事していた頃、最大手の取引先から「虚礼廃止」の通知が届いてやめることになりました。

田舎に帰ってからもやはり大手の取引先企業から「虚礼廃止」のお知らせがあって、取りやめになったことを覚えています。

 

つまり、こういった慣習からも、私の知っている大手企業としては早々に手を引いたのでした。

他も同じではないでしょうか。

近代的なビジネスシーンでは当然のことだろうと思います。

 

しかしながら、地方においてはまだこれが盛んでした。

それほどのお付き合いのないところからも、何かにつけ贈答が行なわれます。

場合によってはこれに「お返し」をしなければなりません。

この「やったりとったり」は非常に煩わしく感じたものでした。

 

とはいえ、これも必要な成功モデルなんだから・・と言うことで、向き合うようにと強く促されたのでした。

さすがに徐々にその数を減らしてきてはいますが、いまだに一つの習慣として続いています。

 

さてここまで述べてきました「冠婚葬祭」「接待供応」「贈答」の3者はいずれも密接に関連性があります。

そうです、この3者は言うまでもなく「地縁血縁社会」を色濃く反映しているものなのです。

 

そもそもこの3者が成功モデルだったというよりも、「地縁血縁社会」では、この3者を受け入れなければ成功がおぼつかなかった、という意味で成功モデルだったことになります。

ということは、「地縁血縁社会」への強い従属が成功モデルとはいえなくなってしまったら、もはや成功モデルではなくなることになるのです。

 

 

つづく