海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 「唯一性」は「情報発信」とペアになってその強みを発揮する―社長は誰でもオンリーワン、でも伝えなければ「唯一性」にはならない―Ⅱ

どうせオンリーワンを標榜するのなら、際立っていなければ面白みがない、というのが私の考えです。

 

私はこれまで、自社の持つストーリーや独自性といったものを「情報発信」という形で、世に問うことに大きな意味がある、と繰り返し述べてきました。

ここでいう「ストーリーや独自性」は、我が社の持つ「唯一性」と言い換えることもできます。

 

更に、私がこれまで述べてきた「唯一性」というのは、世に知らしめて初めて意味を持ちます。

自分自身でいくら

「俺はオンリーワンだ。他に代えの効かない存在なのだ!」

と、叫んだところで、世の中の人がそう認めなければ全く意味がありません。

 

つまり、「唯一性」は、いかなる形であれ、世の中の人に知ってもらう必要があるのです。

ということは、「情報発信」とペアになって、ようやくその強みを発揮することができるということになります。

 

こういうことを申し上げますと

「いやうちの商売は、所詮どこにでもあるような○○業だから、オンリーワンなどと言えるところなどなにもないよ。」

という声が聞こえてきそうです。

おそらく、多くの経営者がそうおっしゃるのではないでしょうか。

 

ただ、そんなことは承知の上で、あえて申し上げているのです。

初めからそんな風に否定したり投げ出さないで、自分の会社なり事業の特長をもう一度考えてみて下さい。

 

 

つづく