海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 「情報発信」でオンリーワンの共感者を探す―社長は誰でもオンリーワン、でも伝えなければ「唯一性」にはならない―Ⅲ

多くの経営者が、口をそろえておっしゃる

「うちにオンリーワンといえるところなど特にないよ。」

というセリフ。

 

確かに、そんな風に自信無さげに言われる社長の会社には、今のところオンリーワンと言えるような際立った特長などないかも知れません。

しかし、前述のように、なにもかもがほかと全く同じということはないはずですので、改めて自社のオンリーワンなところを探してみるべきなのです。

 

そしてそれを、いかなる形でもいいので、「情報発信」するのです。

そうすれば、そのわずかなオンリーワン部分に、注目する人、共感する人が現れてくる可能性が生まれます。

 

更に、その共感者の評価によって、オンリーワン部分がより明確化するので、そこに磨きをかけていくきっかけを作ることができます。

つまり、他者が自社の持つ、自分では気が付かなかったオンリーワンの思わぬ側面に気付かせてくれるかも知れないのです。

これが、オンリーワンへのきっかけとなる、まず入口の部分です。

 

それから、これまで何度も申し上げてきましたように、そんなこと(情報発信)をする人は極めて少ないので、それ自体が大きな特徴となります。

ここでも、思わぬ形のオンリーワンが実現することになるのです。

 

現代は、横並びであればOK、うまくいった人の真似をしていれば安心、余計なことをしなければまず安全、といった時代ではありません。

むしろ、横並びでない部分、我が社にしかない部分、オンリーワンな部分をアピールしていくべきなのです。

 

 

つづく