海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 「オンリーワン」実現のためには「情報発信」を続けることが大事―社長は誰でもオンリーワン、でも伝えなければ「唯一性」にはならない―Ⅳ(おしまい)

さて、横並びではなく我が社にしかないオンリーワンな部分を探し出してアピールしていくべきなのですが、企業にはそれぞれいろいろな事情があって対応はバラバラです。

 

「うちは、オンリーワンな部分が結構あるので、そこは自信がある。」

と、思うのであれば、そこに更に磨きをかけていけばいいと思います。

逆に

「そんなものは、うちにはないなあ・・・」

と、感じるのであれば、前述のように少し頑張って探し出し、それをアピールするのです。

 

いずれにしても、それは「情報発信」とペアになっていなければ意味がありません。

何故ならば、こちら側の思い込みだけでなく、他者からの評価と掛け合わせることで、真のオンリーワン部分が確定するからです。

 

つまり、「情報発信」することで得られる「他者の評価」は、知っておく必要があるのです。

ここにおいて、企業に多少の努力が求められることは言うまでもありません。

 

現代は、地域においても業種においても、なにかしら「オンリーワン」であること、或いはそういう部分を持っていることは極めて重要です。

その「唯一性」が高い評価の対象となるからです。

 

ただ、それは一朝一夕に手に入るものではありません。

普段から一貫してそれを目指すこと、そして常に「情報発信」を怠らず、他者の評価にさらされること、が大きな条件になります。

 

困難ではありますが、目指しがいのある挑戦です。

「オンリーワン」実現のために、継続的かつ意味のある「情報発信」を続けてみて下さい。

 

 

おしまい