海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

ブログ

所長ブログ

最新の記事

眺めの良さそうなテラス席・・でもポツポツと雨が・・―息子たちと飲む、私の人生これからの楽しみが増えた―Ⅲ

孫の1歳の誕生会というファミリーイベントが早々に終わったので、私は念願だった息子たちとの飲み会を挙行することにした。

参加のかなわなかった長女の旦那は次の機会に譲るとして、次女の旦那と末っ子の長男である息子と連れ立って、男3人、夜の町へと繰り出したのである。

 

夜の町といっても、時節柄、新宿や渋谷といった歓楽街になど行くつもりはなかった。

どこか近所にちょっと気の利いた飲み屋があればそれでいい、と思っていた。

 

私たち3人は、歩いて十分ほどの麻布十番の商店街へ向かって歩き始めた。

麻布十番には庶民的なお店がいっぱいある。

当てはないが、どこかちょっとイイ感じで飲める店はないかと思案する。

 

すると、商店街まで行かないうちに、次女の旦那のよし君が

「僕、以前行ったことのある店が一軒ありますけど、そこ行ってみますか?」

と提案してきた。

もちろん依存などあるはずがない。

 

その店は、商店街まで行きつかない手前のビルの7階にあった。

狭所恐怖症気味の私にはギリギリの狭さのエレベーターに乗って7階につくと、そのまま店の入口であった。

 

客は2組くらいしかいないので、ディスタンスは充分取れそうだ。

店の奥の方に目をやると、眺めの良さそうなテラス席がいくつかあって、そこには誰も座っていない。

 

夜になって、外の気温もちょうど良さそうだったので、我々はそのテラス席に陣取ることにした。

東京では、7階くらいの高さからではそれほどいい眺めは期待できないのだが、このオープンエアは思いのほかロケーションは良さそうだった。

 

下を見ると麻布十番商店街の明かりが見える。

商店街にはさして高い建物がないために、7階くらいの高さからでも十分いい景色が眺められるのだ。

 

ところが、メニューが運ばれてきて、「さて何を飲もうか。」と選ぼうとしていたらポツポツと雨が降ってきた

さすがにずぶぬれになるのはごめんこうむりたいので、われわれはほうほうのていで店の中へと入った。

 

            今はこういう場所へはなかなか行けませぬ。

つづく

 

 

これまでの記事

軽くおいしいお酒を飲める居場所を探して・・―息子たちと飲む、私の人生これからの楽しみが増えた―Ⅱ

「男の付き合い」ができる年齢―息子たちと飲む、私の人生これからの楽しみが増えた―Ⅰ

ふんとぷん―言葉は変わる。正しい日本語は?―

「集中力」と「記憶力」の相関性を解明したい―記憶力の低下とシューベルト―Ⅱ

忘れる名人は生み出す名人?!?―記憶力の低下とシューベルト―Ⅰ

女の子にもてるんじゃないか!?!―座高を計る、誤魔化しあったあの頃―Ⅱ(おしまい)

足が長いのが一種の軽いステータス―座高を計る、誤魔化しあったあの頃―Ⅰ

キャリアを積んだ老舗企業は、とんでもないお宝を抱えている―今、一つの業界で起こっている大きな変化―Ⅳ(おしまい)

旧来の事業資産の上にあぐらをかいていて業績が上がることはない―今、一つの業界で起こっている大きな変化―Ⅲ

1 2 3 4 5 6 181