海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ ブルゾンとパーカⅠ

 

これまで買った服の種類別数の多さを考えてみた。(そんなこと、別に考えなくてもいいのだが・・・)

 

それでいけば何といってもシャツであろう。

消耗品であること、多少の流行があること、長袖半袖、無地柄物、ビジネス用カジュアル用など種類が多いこと、サイズが変わってしまうこと(もちろん着る方の・・ほとんどは身体の膨張)などを考えれば、これまで何百枚買ったかわからない。

 

次に考えられるのがズボン(近年パンツと呼ぶことが多い)だろう。

これも擦り切れるまで履くことは少ないが、シルエット、デザインなどが微妙に変わる。(この微妙な違いに無頓着だと恐ろしくダサく見えてしまうから怖い)

またサイズによる買い替えはシャツの比ではないかも知れない。(何といっても太ることによる買い替え頻度の多さは明らか)

 

まあこの二点は、素肌に近いウエアなので、朝身につければ一日中身体から離れることがない。(離れたら大変なことになる・・)

買い替え頻度が高くなるのも仕方のないところである。

 

また、数だけでいけばパンツよりもネクタイの方が多いだろう。

但しこれは小物の範疇に入るので今回はカウントしない。

 

 

つづく