海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 経営と家事の共通項を考える―ついでに違いも考える―Ⅰ

 

家内が娘(長女)の出産としばらくその後の世話をするということで、しばらく家を留守にすることになった。

昔、東京に住んでいた我が家では、長女と次女は家内が田舎に帰ってお産をしたのだが、末っ子の長男は東京で生んだ。

その時も家内の母が上京してくれて、しばらく面倒を見てくれたのだ。

 

今回は、東京在住の長女は初めから地元の産院で生むことにしていたので、こちらから家内が手伝いに行くことは既定路線だった。

ただ、どれくらい行きっぱなしになるのか、ちゃんと考えてもいなかった私は、約2か月という長さに「エッ!」と驚いた。

「こりゃあある程度ちゃんと家事をやらないと大変だぞ!」

と心の中で思ったのである。

 

私と家内は夫婦二人暮らしになってもうだいぶ経つ。

もちろんそれまでは子供を含めた家族での生活だったので、今回の一人暮らしは久しぶりである。

独身時代からすると30数年ぶり、次女のお産で一人だった時からすれば20数年ぶりということになる。

 

で、当たり前だが、身の回りのことをすべて自分でしなければならなくなった

私は、亭主関白のワンマン亭主ということはないと思うのだが、家事に積極的にかかわるというほどでもなかった。

その辺は今の若い夫婦とは少し違っていたかも知れない。

 

 

つづく