海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 父が逝った―亡くなるまでの1週間を振り返って―Ⅹ

その日の夜は妹が父に付き添うことにして、私は長男と母を連れて病院を離れた。

母を家まで送り、自宅に帰ると久しぶりに家族5人プラス孫までが我が家に揃った。

 

上京した際には何回か5人そろって食事をしたりしたことはあったが、自宅に揃うのは何年ぶりだろうか。

これも父のお蔭と感謝する。

 

家族で歓談したあと床に就いたのは12時を回っていた。

 

寝付いていくらもしないうちにベッドの枕もとの電話が鳴る。

母からの電話だった。

病院にいる妹からの連絡で、父が亡くなったという。

時計を見ると3時半だった。

 

仕度に時間のかかる家内は後で動くとして、私だけが起き出して服を着替え母のところへと急いだ。

真っ暗な中、母を車に乗せて病院へと向かう。

 

病室に着くと妹が待っていた。

父は目を閉じ、口は半開きでやや黄色がかった顔色で横たわっていた。

 

しばらくすると、お医者さんが若い看護婦さんを連れてやって来た。

厳粛な面持ちで

「確認させていただきます。」

という。

ペンライトのようなもので瞳孔を確認し脈を確かめると

「午前5時、確認いたしました。ご愁傷様です。」

と、丁寧に頭を下げられた。

ふと

『彼は、毎日のようにこんなふうに死と向き合っているんだろうな。』

との思いが私の頭をよぎった。

 

つづく