海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 社会変化スピードの高速化についていけない―劣化したオッサンさんにならないために―Ⅴ

年長者の経験値による価値が急速に失われてきたのは何故なのか。

その点についてこの書評の中では、次のように分析されていると紹介している。

 

20世紀後半以降、年長者のもつ価値が失われる3つの変化が発生している。

まず第1に、「社会変化スピードの高速化」である。

20世紀後半以降、ライフスタイルの変化スピードがどんどん速くなり、それまで年長者が長い時間をかけて培ってきた知識や経験が、すぐに陳腐化するようになった。

わたしたちがいま向き合っている問題は、年長者にとっても若者にとっても新しい問題だ。

そして新しい問題に対する問題解決能力は、むしろ若者の方がすぐれている

 

これが、私が長い間訴えかけてきた経営における大きなテーマである。

テーマというより「問題点」と言った方がいいのかも知れない。

 

地方の中小企業経営者にとって成功体験、特に「昭和の成功体験」は強烈なものだったに違いない。

その体験があまりにも大きかったために「陳腐化」していることを認めたくないのである。

 

「認めない」といったいどういうことになるのか、それは次のようなセリフになって表れるのだ。

「少々社会変化のスピードが速かろうがなんだろうが、知ったことではない。俺のあの成功法則が通じないはずがない・・・」

こういう、ゆるぎない精神構造に辟易させられたことは一度や二度ではない。

 

その結果どうなるのか・・

今起こっており、向き合わなければならない新しい問題を特定できないことになる。

ましてや、「新しい問題に対する問題解決能力は、むしろ若者の方がすぐれている。」などとは決して認めようとしない、という現象が起こってくるのである。

 

これが、年長者の経験値による価値が急速に失われた第1の原因である。

 

 

つづく