海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 変化をジャマする最大にして最強の力「ホメオスタシス」―脳の構造的支配から自らの意識を解放する―Ⅱ

人間が変わろうとするとき、それを最も邪魔するのが「脳の働き」である、という今回のお話。

それはいったいどういった脳の機能なのであろうか。

 

その点についてこのコラムでは次のように書かれている。

― このようなあなたの脳の「変化を止めようとする動き」のことを、専門的には「心理学的ホメオスタシス(心理学的恒常性)」といいます。

あなたの脳が最優先しているのは、残念ながら「今のままのあなたでいること」。

心理学的ホメオスタシスこそが、「あなたの変化をジャマする最大にして最強の力」であるわけです。

ここで大切なのは、まずは「自分が変化しようとしている時には、心理学的ホメオスタシスが働くのだ」とい事実を知っておくということです。

知っているのと、知らないのとでは、その時にとれる行動も大きく変わるはずです。―

 

「変化を邪魔する最大にして最強の力」が、自らの脳の中に内蔵されているというのは、人間の持つ生理的機能としては皮肉なものである。

 

この「ホメオスタシス(心理学的恒常性)」については、以前、脳について書かれた書物で読んだ覚えがある。

脳はごく自然に「変化を止めようとする動き」をするものなのだ。

 

どうあれそれは、当たり前の作用として脳を働かせるのであるから、いちいちそれを止めることはできない。

ここに書かれているように「自分が変化しようとしている時には、心理学的ホメオスタシスが働くのだ」ということを知っているという事実が重要なのであろう。

 

このことを知っていれば、冷静に対処のしようもあるのだろうが、知らなければ余計な不安といったものを抱え込むことになる。

 

 

つづく