海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 部下に企業の最初のオリジナルな仕事はできない―誰かに言われたからではない社長の「情報発信」―Ⅱ

何故「情報発信」をはじめから部下にやらせてはだめなのか・・・・

それはこんな理由によるのです。

 

仮に部下は

「なんでもいいから情報発信しなさい。」

と命令されたならば、まず「型」を求めてきます

「何をどんな風にすればいいのでしょうか?」

と、必ず聞いてくるはずです。

 

これは、当然といえば当然です。

そうしなければ、どうしていいのか、さっぱりわからないからです。

 

この場合、経営者の方もかなりアバウトな命令の仕方しかしていませんので、

「とにかく情報発信することが大事なんだから何でも出せ!」

的な言い方になるはずです。

そもそも、こんな雑なやり取りをしていたのでは、私が申し上げている、世間が興味を示し、共感を覚える「情報発信」には程遠いものしか出てこないことになります。

 

つまり何を申し上げたいかといえば、部下には

「その企業にとって最初のオリジナルな仕事はできない。」

ということなのです。

これは当たり前の話であって、部下はそんな立場にはないからです。

 

初めての仕事を「自分の頭で考えてやれ!」というのが、どだい無理な話なのです。

また、どんな仕事にでもサクサクと対応できるようなタイプであれば、もっと違うポジションにいるはずです。

 

そのレベルの人材であれば、とっくに独立しているか、大手なりに採用されている可能性が高いと思います。

尤も、大手であったとしても、社員が自らどんどん仕事を創り出していくなどということは、それほど見られることではありませんが・・・

 

 

つづく