海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 「パリ国際会議」に出席して―久しぶりのヨーロッパ短期滞在見聞録―Ⅲ

適当な時間になったので、ゲート内に入る。

出国手続きを済ませて中に入れば、羽田空港とはいえ、そこはTAXFREEの世界である。

様々なショップが立ち並び、これから帰国する人はここでショッピングをするのであろうか。

 

N先生が「カードラウンジでくつろごうよ。」とおっしゃるのでついていったが、ここでクラス社会の洗礼を受けることになった。

国際空港内のカードラウンジは、実に細かく分かれており、持っているカードの格によって使える場所に明らかな差がつけられている

 

N先生はいろいろなタイプのカードを持っておられたが、私は1種類しかない。

そうすると、例え同伴でも上のクラスのラウンジには入れないのである。

3か所ほどたらい回しにされて、結局一般大衆向けのラウンジに落ち着いた。

 

なるほど、

「ちょっとでも国際的な交流の場に出た途端、こんな風にクラス分けが明確になる訳ね。」

と、妙に感心する。

欧米的な文化の、最も分かりやすい一つの面だろうな、と思った。

 

ウロウロしたので、それほどラウンジでくつろぐ間もなく、我々は飛行機に乗り込んだ。

N先生はビジネスクラスなので、搭乗案内も早い。

そこで分かれて、私はエコノミークラスの席へと座った。

 

我々は、まずロンドンまで飛んで、そこで乗り換えてパリへ行くのだ。

機内放送でロンドンまでは12時間の飛行だという。

「12時間か・・」フッとため息が出る。

この歳の12時間はいささかきつい。

 

ただ幸いだったのは、3人掛け席の通路側だったことだ。

トイレにはたびたび立つだろうから通路側というのは助かる。

歳を重ねると、こういったことが重要になるのだ。

 

国際線ターミナルのラウンジから眺めた羽田空港の風景

 

つづく