海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 夢でもいいから会いたいよ・・・―こんな夫婦の絆もあるのか・・・―Ⅱ

突然亡くなった夫を慕う女性の人生相談・・・

その慟哭にも近い相談内容に思わず引き込まれてしまった私。

 

相談の中身は次のように続く。

―亡くなる前の日の朝、夫は駅周辺を散歩しながら「俺の人生はつまらないものだった」とぽつりとつぶやきました。私は「いや、そんなことはなかったよ。この60年間、私はとても幸せだったよ」と心からお礼を言いました。お父さんの陰で何一つ不自由することなく、毎日が楽しかったのです。

まさか夫が倒れるとは思っていませんでした。私にはもったいない夫でした。―

 

・・・・いや、ダメである。

このくだりは、何回読んでも涙が出そうになって参ってしまうのだ。

 

本当にこんなことってあるのかな・・・

世俗にまみれ、汚れちまった私の心は、このご婦人の、あまりのまっすぐな魂の叫びに、つい疑念の思いを抱きそうになる。

が、

「いやいや、そんなことを思ってしまうお前の方がどうかしているぞ。」

と、もう一方の心の声も聞こえてくる。

 

「俺の人生はつまらないものだった・・・」自らそう言わしめたこのご主人の人生は、それほど波乱のない、おそらく穏やかなものだったのだろうと推測される。

それを少し悔やんでいたご主人・・・しかし、傍らでともに人生を過ごしてきた、この奥さんの感想はまた違ったものだったようだ。

 

奥さんにとっては、「何一つ不自由することのない楽しい人生だった。」という、感謝に富んだ日々を過ごしたことになっている。

これは、男と女の人生に対する感じ方の違いだろうか。

 

 

つづく