海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 「聞きにくい雰囲気」を作っていた?!?―税理士=怒る人、について考える。何故そう思われているのか・・―Ⅵ

税理士に対して

「会ってもどうせ怒られるだけだから、会いたくないよう。」

という後継者。

初めは驚いたのだが、どうしてこんなことになってしまったのであろうか?

 

一つはこちら側(税理士側)からあえてそうしていた、という事情があったのではないか、と私は思っている。

税理士というのは「先生」と呼ばれる職業である。

私は、そんな風に呼ばれるのは決して好きではないが、世の中的には普通にそう呼ばれることが多い。

 

つまり、いろいろなことを聞かれても、立場上「それは知りません。」とは言いにくい職業なのだ。

従って、それを相手に悟られないために、あえて「聞きにくい雰囲気」を作っていた、ということはないだろうか。

 

その「聞きにくい雰囲気」を演出する一つの方法論として、いつも怒ってみせるという手が考えられるのである。

「下手なことを聞くと、また怒られるから・・・」

という意識を相手に植え付けるということである。

 

いつも気難しい顔をしていて、何か聞かれたらギロっと睨み返す。

こんなことを続けていたら、相手はやがてなにも聞かなくなる。

それこそがこちらの狙い、という訳である。

 

また「怒る」というのとは少し違うが、難しい専門用語で煙に巻く、というのもある。

税務会計の用語は、結構小難しくて、普段一般の人の耳には馴染みのないものが多い。

 

そんな専門用語を羅列してまくしたてられたら、会計に関して素人である経営者は、まずもってわからないだろう。

いちいち質問するのも憚られる雰囲気でもある。

 

まあ、そんなこんなでやがて顧客である経営者は

「何かとおっかないから、初めから距離をとっておこう。」

となったのではないか。

これが「威厳がある」とか「貫禄がある」とか、ポジティブに捉えられているうちは良かったが、2代目ともなると、さらに距離が空いてしまったのではないか。

 

 

つづく