海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 後ろ向きの実につまんねえ奴・・―上司の悪口を肴(さかな)に飲む酒は・・・―Ⅱ

あまり建設的とは言えない、上司の悪口を酒の肴にしての飲み会。

遠い昔のことではあるが、自分の身にも覚えはある。

 

で、今はどうかというと、小さな組織ながらも自分がトップなので、私にとって上司というのは存在しない。

したがって、私にとって上司の悪口を酒の肴に・・・というパターンはなくなったわけである。

 

では、例えば業界とか、お付き合いのある人間を誰かターゲットにして酒の肴にするかというと、そんなこともなくなった。

昔よりは、前向きな話が多くなったし、実際そんな姿勢で生きている

 

今思い出せば、まあ当たり前のことではあるが、昔は未熟だった。

自分は大したことないくせに、他人の批判や悪口はよく言っていたような気がする。

 

逆に今は言われる方の立場になった。

現在の職場で、私より上司はいないわけだから、うちの社員がもし悪口の一つも言いたくなったとしたら、その矛先は必然的に私に向けられることになる。

果たして私は、彼らの酒の肴にされているのであろうか。

 

されているのかいないのか、私にはわからない。

ただ私は、仮に悪口の対象になっていたとしても全く構わない

 

構わない、といういい方は、少しおかしいか・・・

まあ、そんなことがあったとしても、それはそれで仕方がないと思っているのだ。

 

もしそうだとしたら、

「それもいいけど、それよりは前向きの話をした方がいいぜ。」

とアドバイスするだけだ。

昔の自分が、そこのところで実につまんねえ奴だった、と思うからである。

 

 

 

つづく