海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 大好きな両親なのに・・・・―「やせ我慢」を尊重できるのは大人の証(あかし)―Ⅰ

新聞の人生相談を読んで・・・のお話は、私はこのブログでも時々取り上げているので、記憶されている方もいると思う。

今回はちょっと珍しいケースの相談で、気になったので触れてみたい。

 

 

相談者は女子大学生。

相談内容は両親の離婚についてであった。

これだけだったらそれほど珍しい話ではない。

 

大抵は、

―昔から両親の仲が悪くて、自分はそんな中でいつも嫌な思いをしながら生きてきた。

早く離婚すればいいのにと思っていたけれど、はっきりしないままここまで来てしまった。

今、結婚したいと思う相手がいるのだが、仲の悪い両親を見てきた自分には将来に対して自信がない。―

みたいな相談が多かったと思う。

 

つまり、どちらかといえば、

「仲の悪い両親のために、自分の人生は辛くて苦しいことが多かった。何の罪もない子供の身だったのに、随分ひどい目にあった」的な話が多かったような気がするのだ。

 

或いは、父親がDVで、ギャンブル好きで、酒飲みで、女にだらしがなく、何で母親はこんな人と別れないのだろう、と思っていた。

とか、父親が情けない人だったので、母親が子供依存症になって、小さい頃から異常なほどあれこれ干渉されて育ってきた。

とかいった悲惨な話が多かったと記憶している。

 

ところが、今回は話が全く別であった。

そもそもタイトルが「大好きな両親の離婚つらい」である。

 

つまり、上記のような、悲惨な体験をしてきて、いよいよ離婚となったので自分はどうしたらいいのか、改めて相談したい、という話ではないのである。

大好きなのに離婚する、ということになったから悲しくてしょうがない、というこのコーナーではどちらかといえば珍しい相談であった。

 

 

 

つづく