海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 効果が出るまでの努力と時間を我慢できるか―社長の「情報発信」・・どれだけ粘れるか―Ⅰ

私はこれまで、様々な場面を通して、経営者による「情報発信」の効果、重要性をお伝えしてきました。

そうすると、経営者のみなさんから

「本当にそれって効果があるのかね。

直ちに売上アップ、業績アップにつながるの?」

と、よく聞かれます。

 

これに対する私の答えはこうです。

「残念ながら直ち(短期間)につながるということはありません。

ただ、少し時間はかかりますが、確実に御社の業績を押し上げていくことだけは間違いありません。

その効果が出るまでの努力と時間を我慢できるか次第です。」

 

というのは、明確な理由があります。

例えば、このブログです。

私がこれを書き始めたときは、当たり前ですがごく少数の読者しかいませんでした。

 

しかし、粘り強く書き続けることによってその数は次第に増えて行きます。

よっぽど面白くなければ話は別ですが、それなりにきちんと書いていれば、一定の支持者というのは必ずあるものです。

 

その積み重ねによって、読者や支持者の分母は徐々に厚みを増していくのです。

「厚み」を作るのには少し時間がかかるのです。

この「厚み」即ち「分母」が一定の数に達しなければ目に見えた効果は表れてきません

 

これを私は「水滴効果」と呼んでいます。

ひとつの容器に水を少しずつ注ぎこんでも、最初はなかなか溜まりません。

 

しかし、やがて水は容器の口の高さまで達し、そこから先は注げば注ぐだけ溢れだします。

「この水が溜まり切るまで、コツコツと続けなければ結果はでませんよ。」

と申し上げているのです。

 

予算に限りのある中小企業にとって、この方法は理にかなっています。

ただし、上記のように、多少の努力と時間を要するのです。

 

 

つづく