海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ マウントを取ること、或いは取ろうとすることの愚かさについて―ここに、女性にモテる秘訣がある(おそらく・・)Ⅲ

さて、過去の成功体験を自慢する奴の次に「現在の状況を威張る、自慢する」というのはどうだろう。

以前、これも飲み屋さんの女性に聞いた話であるが、係長だか課長だかになっただけで、すっごく自慢する奴とかいるらしい。

 

私はそれを聞いたとき、

「ウソだろう!そんなことで威張ったり自慢したりするのかよっ!!」

と、疑問を呈した。

私の基準から言えば、さすがにそんな奴はいないだろう、と思ったのだ。

 

しかし、彼女たちの言によれば、

「それくらいで威張る人はいくらでもいるわよ。」

ということなのである。

そんなことでは、その男の人生における達成感の沸点があまりにも低すぎるのではないか。

 

私は、大きな企業とかにいたことがないので、その辺の心理とか事情はよくわからない。

家族と喜ぶというレベルであれば理解できなくもないが、外でも自慢したくなるくらいうれしいものなのか。

 

また、自分は偉い人と知り合いである、社会的ポジションの高い人とツーカーである、ということを自慢する人もいる。

男性が何人かいる場で、そんな話になったならば、自分はどれだけ偉い人と知り合いか、でマウントの取り合いになることもある。

 

誰かが「俺は市長と知り合いだ。」と言えば「俺は知事の従弟と幼なじみだ。」と、応酬し「俺は安倍さんの秘書が学校の後輩だ。」と続く。

・・・・それが何だというのだ!といった話が延々と続いたりする。

 

そんなこと言えば、私だってタレントのピーター(池畑慎之介です)とは同級生で一緒に寮の風呂に入ったこともある。

・・・・・それが何だというのだ!

 

さてそうやって、今の状況を自慢したり、ちょっとしたポジションで威張ったりするのは、男の習性としてよくある風景のようだが、そうするとどうなるのか。

それは、成功体験を自慢する奴が「過去に終わった人」というレッテルを張られるのと同じように、今度は「今がやっとピークの奴」というレッテルを張られることになるのである。

 

彼女は地元テレビ局のアナウンサー・・・これじゃマウント獲れないか・・

つづく