海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ マウントを取ること、或いは取ろうとすることの愚かさについて―ここに、女性にモテる秘訣がある(おそらく・・)Ⅳ

現在の状況を自慢したり、ちょっとしたポジションで威張ったりするのは、男の習性としてよくある風景のようだが、それは「今がやっとピークの奴」というレッテルを張られるにすぎない。

人生でようやく登りつめたマウントがそこ、というわけである。

 

それはつまり、女性の評価としては、

「この先、大した伸びしろも望めないので、今、こうやって威張っているわけね。」

となるのだ。

威張ってる本人は、豪もそんなこと考えてもいないだろうが。

 

成功体験を自慢する男性は「過去に終わった人」というレッテルを貼られ、現在の状況を威張る男性は「今がやっとピークの奴」というレッテルは貼られる。

どっちにしても「威張る」「自慢する」という行為には、女性陣の厳しい判定が待っているのである。

 

まあこんな感じで「威張る」とか「自慢する」っていうのは、だいたい碌なことにならない。

にもかかわらず、こういった行為が世の中に広くまかり通っているのは、なぜだろうか?

 

それはおそらく、男同士の間では結構効き目があったりするからかも知れない。

「威張る」「自慢する」は「マウントを取る」というバトルにおいては、なくてはならない「武器」なのか? 

ここで負けると、男はすごすごと引き下がるものなのか?

 

まあいずれにしても、「これまでマウントを取ろう!」などと思ったこともない私にとっては、さして興味のない世界である。

同様に、女性にとってもどーでもいい世界ではないのか。

従って、ここにこだわっていると、ほぼいい評価を受けることはない。

 

 

 女性は時間を巻き戻す気はない。

つづく