海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ マウントを取ること、或いは取ろうとすることの愚かさについて―ここに、女性にモテる秘訣がある(おそらく・・)Ⅶ

さて、「読みたいことを書けばいい」というテーマをもとにここまで書いてきた。

当初、「読みたいこと」ってなんだろ?と、戸惑ったが、「女性にモテるには?」というテーマだったら、「こりゃいいや!」と思い、書き始めてみたのが今回のシリーズである。

 

で、まさかこんなにたくさん書けるとは、自分でも思ってもいなかった。

『このテーマ、俺の潜在意識の中ではよほど気にかかっていたのだなあ~・・』

と今さらながらつくづく思う。

 

しかし、こんなテーマでいつまでも書いてばかりもいられない。

あんまりのめり込んでいると、そのうち顰蹙を買いそうである。(もう買っているか・・・)

まあ、そろそろ結論めいたことを書こうと思う。

 

そこで、これは少しまじめな話になるが、先述のように、やや謙虚になおかつ誠実な感じで未来を語る男性は、嫌われることは決してない、と世の男性に伝えておきたい。

女性は、これがまるで興味のない話であれば、スルーするかも知れないけれど、特にマイナスに振れることはないのだ。

 

おそらく、飲み屋さんでそんな話をする男性は珍しいから、ちゃんと聞いてくれてスルーもそれほど起こらないと思う。

つまり、セーフティーネット(?)としての「モテる」という実象は一応押さえられるのである。

少なくとも、自慢したり威張ったりするやつよりは確実に点数は高い。

 

まあ、考えてみれば女性にモテるために未来を語るわけではない。

語る未来がちゃんとあるから、女性にモテる可能性が高くなるのだ。

ここをはき違えては本末転倒である。

 

ただ、もう一つモテるモテないでいえば、次のような意見もあるだろう。

「俺は、別にモテたくて飲み屋に行くわけじゃない。誰かに(特に女性に)威張ったりチヤホヤされたいから行くんだ。それがなくなったら行く意味がない。」

と、割り切っている人もいるはずだ。

それはそれでいいと思う。

まあそれでも「モテたくて行くわけじゃない。」というのはウソだと思うが・・・・

 

                           語るべき未来はあるか?

つづく