海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 知り合いと友人と親友と―俺の人生に「友情」はあったのか?―Ⅴ(おしまい)

村上龍氏も、

「親友というのは本当にわからないが、きっと友人より少ないのだろう。」

と書いているように、「友人」や「親友」というのは、こちら側からそう簡単に特定はできない。

或る意味、カッと燃え上がって、あとさき考えずに突っ走る「恋愛」よりも、ちょっと複雑で小難しいのかも知れないのである。

 

ただ、普段からそんなに頻繁に付き合っているわけではなくても、

「あいつに何かあったら、きっと一肌脱ぐだろうな。」

と思う相手は何人かいる。

そいつが私に助けを求めてくるかどうかはわからない。

しかしどうあれ、何かしら手助けすることだけは間違いない、と自分の中で思えるのだ。

 

「友情」というのは、私の中で上記くらいの距離感でちょうどいい、と思うようになった。

現実的には「信頼」という言葉が日常的である。

普段のお付き合いにおいて、相手との関係性を判断するときに、「友情を感じるか」というよりも、「信頼できるか」という切り口の方が使い勝手がいい。

 

村上龍氏も、先に引用した「親友と友人」というタイトルのコラムの中で、以下のように結んでおられた。

 

―ひょっとしたら、友人というのは、関係性についてあまり複雑に、シリアスに考える必要がない人なのかも知れない。

こうやって書いてきても、「親友」はよくわからない。

だが、圧倒的な信頼を寄せる友人を、とても少ないが、わたしも持っている。

ただ、その人物のことを「親友」だと意識することはない。

親友はもちろんのこと、友人も、たくさん欲しいなどとは思わないし、誰かと友人になりたいと思うこともない。

親友も友人も、求めて得られるものではない

そもそも、求めるものでもない。―

 

村上氏もここで「信頼」という言葉を使っている。

しかし、そこではやはり人間関係における「親友」という概念とは明らかに区別しているのだ。

ここまで書いてきてふと思った。

「そうか!あのとき俺は、Sに対して「信頼」ということが全くできなくなってしまったんだ。」と。

「信頼」が崩壊してしまった人間関係の修復は極端に困難なのである。

 

同級生たちからのLINEやメールを見るたびに

「俺の人生には「友情」が欠落しているのか?」

と、思うのはもうやめよう。

これくらいの立ち位置でちょうどいいや、と肩の力を抜いて生きていくことにしようと思う。

 

 

おしまい