海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 日韓関係を素朴にざっくりと考える―今の状況に関して私なりに思うこと―Ⅱ(おしまい)

今回、日本と韓国の間に起きていることを、俯瞰して考えてみた。

それを、私なりにざっくりと書けば、次のようなことになる。

イニシャルを使った「例え話」といった体(てい)で書いてみた。

 

―もう70年以上昔の話になるが、K君はそれまで何をやってもかなわなかったJ君に、A君やC君の力を借りて初めてけんかに勝つことができた。

とはいえ、K君はそれまでA君やC君みたいに、J君とけんかをしていたわけではない。

横で見ていたら、A君やC君が勝ちそうになったので、K君はその尻馬に乗っただけのことである。

 

それ以来、K君は何かにつけてJ君にいちゃもんをつけるようになった。

途中、こんなことはもう終わりにしようよ、と二人は仲直りの約束をした。

その後J君は、けんかに負けた悔しさもあって、がんばって仕事をしたので結構金回りがよくなった。

 

するとK君は、またなんやかんやと、J君にちょっかいを出し始めた。

小遣いをせびったり、ちょっとしたことで因縁をつけて、小突いたり蹴ったりするようになったのだ。

J君が「この間、ちゃんと仲直りしたじゃないか。」と言っても、K君は聞く耳持たない。

J君は、昔けんかに負けたという負い目もあって、ずっと黙って我慢していた。

 

しかし、そのちょっかいがあまりにもしつこいので、とうとう堪忍袋の緒が切れたJ君は、最近K君の肩のあたりを、ほんのちょっとだけ押し返した。

するとどうだろう。

そんなことをされたのは初めてだったためか、K君はとんでもなくびっくりしてしまったらしい。

 

その驚きのあまり、周りから見ても信じられないくらい、ワァーワァーと騒ぎ出したのである。

そして、J君に向かって、あれこれ立て続けにちょっかいをエスカレートさせ始めたのだ。

 

J君の方は、そのあとはK君に向かって特に何かするでもなく、ワァーワァー騒ぐK君を黙って見ている。

しかし、A君とか周りでは、K君になんだかんだ告げ口をされたりして、もういい加減うんざり気味のようだ。

そして、あの二人がまたけんかを始めちゃったよ、仲が悪くて困ったものだ、などと言っている。

 

K君は、そのちょっと肩を押されたことを根に持って「謝れ、謝れ!」と騒いでいるが、これまでのことを考えると、今度ばかりは、J君も謝る気などさらさらなさそうだ。

K君も、昔けんかに勝ったんだから、こっちは何やってもいいんだ、という上から目線はそろそろやめた方がいい。

そして、仲直りのときの約束通り、J君とは普通に付き合えばいいのに、と思うのだが・・―

 

これが、昨今の日韓関係に対する私の総括である。

 

マスコミは「戦後最悪の関係」とか「修復は不可能か」などと騒いでいるが、あまり煽るのはやめた方がいい。

日本には、こちら側からエスカレートさせる気はないと思う。

向こう次第なのである。

 

私は、「仲良くするのに、大反対!」という日本人はそんなにいないと思っている。

だから韓国も「反日教育」や「反日の政治利用」など、とっととやめて、普通に付き合えばいいのに・・と、昔から思っている。

 

 

おしまい