海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 今年もやってきた健康診断―1年経つのは早いもんだ―Ⅰ

毎年1回、「健康診断」という奴を受けている。

大体秋口が多く、今年もその季節がやってきた。

いつもの年はカミさんと二人で行くのだが、今年は孫の出産とその後の面倒を見るために、東京の娘たちのところへ行ったきりで、私一人での検診ということになってしまった。

 

1年に1回のはずだが、年々そのサイクルが短くなっているような気がする。

今回も、ついこの間受けたばかりのような気がしていたが、もう1年経ったか・・・

と、感慨にふけっていたら、去年は秋口の都合が悪くて、前回は今年の2月に受けていた。

さすがにあいだ8ヶ月だと早く感じるわけだ。

・・・などと馬鹿なことを考えているうちに検診が始まった。

 

この健康診断という奴は事前準備が必要である。

検診の2週間くらい前に、封筒が送ってくる。

中には検診に際しての注意事項と問診票が入っている。

 

この問診票に最近の健康状態などを書き込むのである。

私は至って健康なので、大抵はイエスでOKだ。

問題もう1セット入っているキットの方である。

 

これは「検便」用のキットなのだ。

ちょうどUSBメモリーをちょっと大きくしたくらいの容器が2つ入っている。

こいつの蓋につま楊枝くらいの大きさの棒がくっついていて、これで便を採集するのである。

 

まあこれが毎年、結構苦痛といえば苦痛である。

というのは、検診前に2回、採集しなくてはならないのでめんどくさいのだ。

1回でも面倒な作業なのに2回もなんて・・・・

 

ただ、これについては、私はまだいい。

カミさんの方は、四六時中便秘気味なので、この2回の採集がほとんど恐怖なのである。

検診前になると、焦りに焦っているのだ。

 

まあそういうわけで、今回は一人で事前準備の問診票と、採集した検便のセットと、注意書きにあったタオルを持って病院へと出かけた。

病院に着いたのは、朝まだ早い時間であった。

 

 

つづく