海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ レザーが好きでして―コスパがいいと思って買ったんだが・・・・―Ⅸ(おしまい)

さて、いろいろなレザーウエア遍歴を書いてきたが、なんでこんなにレザーが好きなんだろう?と、改めて考えた。

おそらくそれは何といってもレザーの持つリッチ感であろう。

リッチ感?そんな言葉あったっけ?

 

カジュアルな衣料でありながら、それほどチープ感(こんな言葉あったっけ?)がないので、どこに出入りするにもそれほど物おじしなくていい。

ペナペナのブルゾンとかでは、中に入っていいものか?と迷うような場所であっても、そんなに気にしなくて入っていける。

 

このレザーの持つ押し出しの強さは、いい年(67歳ですが何か?)になった私には、まとっていてとてもありがたい一つの特長でもあるのだ。

尤も、そんなことに頼らなくても堂々としていなければならないのだが・・・・

 

あと、レザーのいいところは「皮膚感覚の安心感」とでも言えばいいのであろうか。

レザー衣料のほとんどはアウターであるが、着ているとなにか体感のようなものを感じる。

 

そこはスーツようなちょっと改まった感じの衣料とは、また違った感覚を得られるのである。

レザーはそもそも動物の皮であるから、人間の皮膚感覚とはそれほど違和感がないのかも知れない。

 

とはいえ、少し残念なのは、平日にはほとんど着る機会がないということである。

当然、着るのは週末や祭日などのプライベートな時間が取れる日に限られることになる。

 

真夏にはちょっと着られないし、真冬にこれだけでは寒すぎる。

ちょっとそこまで、といった状況では大げさで羽織れない。

 

まあこんな風に扱いがいろいろと難しい存在ではあるが、当初の目論見通り、長く着られることは間違いないので、これからもずっと付きあっていこうと思っている。

 

          茶のスエードを着てみました。風は防ぐのですが・・・・

 おしまい