海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 準主役のネクタイで外すには力量がいる―「外し」の楽しみ・・ファッションはド直球だけじゃつまらない―Ⅲ

さて、着ること(これをファッションと呼ぶのでしょうが・・)において、ガチガチのルール通りから、やや「外す」ことを楽しんでいる私。

そのテクニックの一つが「差し色」でした。

 

「外し」もあまりに大きく外してしまっては、本来の意味をなさなくなります。

「差し色」もその色があまりにデカくては、それは「差し色」とは言えなくなるわけです。

 

つまり、「差し色」はちょっと見えるくらいか、あくまでも脇役のポジションで使われるのでなければ、その本来の役割を果たせなくなるのです。

ですから、ネクタイのような「小物」で遊ぶわけです。

 

ここで「外し」のもう一方の要素である「小物」が登場するわけです。

つまり、「外し」の2大要素である「色」と「小物」は、切っても切れない関係にあることになります。

 

ところで、ネクタイは「小物」というには結構その存在感には大きなものがあります。

ネクタイは見える面積はそれほど大きくはないものの、体の中心に鎮座していますので、傍から見る人に与える印象としては、かなりインパクトがあるからです。

 

ネクタイは男性の着るものの中では、準主役なのかも知れません。

それだけに「外し」に使うとすれば、逆にかなりの力量がいるのではないかと思います。

本当に「外れ」てしまうと、ただの滑稽なファッションになりかねないからです。

 

とはいえ、近年クールビズの台頭により、ネクタイの出番は、(クールビズ期間の)長い職場では1年の半分くらいにまで減ってしまいました。

ちなみに私の事務所では、クールビズは5月から9月までの5か月間にしています。

 

私は、本当はホワイトカラーであれば、もっと長い期間ネクタイを締めるべきと思うのですが、地球温暖化や働き方に対する考え方など、環境の変化の影響で仕方がないのかも知れません。

 

これはシャツがストライプなのでネクタイはブルーのソリッド(無地)タイにしてみました。

 

つづく