海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 基本的な決め事やルールを破らない程度に楽しんで―「外し」の楽しみ・・ファッションはド直球だけじゃつまらない―Ⅸ(おしまい)

さて、「外し」についていろいろ書いてきました。

とはいえ、そもそも男のビジネスウエアについては、当たり前といえば当たり前なのですが、どうしても「外さ」なくてはならない、ということはありません。

普通にちゃんとしていればいいのであって、いいとこ見せようとして無理くりに「外し」たところで、いい結果など得られるわけがないのです。

 

また、カジュアルについては、「外し」という考えそのものが必要なはずもなく、「色」にしろ「小物」にしろ好きなように楽しめばいいのです。

 

ビジネスウエアで「外す」場合にも、必ず原則というものがあります。

それは「外し」以外の部分は基本に忠実であること、ということです。

ここが崩れてしまっていると「外し」もなにもありません。

 

最近の悪い例をあげますと、ファッション評論家のくろすとしゆき氏がいうところの「フェイクボタンダウン」というシャツがあります。

これは、BD(ボタンダウン)シャツではあるものの、ボタンの色を変えたり、派手なステッチを入れたり、襟高をやたら高くしたりと、通常のBDシャツにかなりアレンジを加えたものです。

 

くろすさんは、ご自分のエッセイの中で、このBDシャツについて、口を極めて非難しておられましたが、私も同感です。

ダサいとしか思えません。

 

「外す」或いは「遊ぶ」というのは、そういうことではなくて、基本的な装いはきちんとした上で、それに「色」とか「小物」とかでアクセントを加える、ということです。

基本そのものを壊してしまっては、元も子もありません。

 

アクセントが目立ちすぎたり、基本の部分を犯してしまっては「外し」とは言えなくなってしまうのです。

カチカチのビジネスウエアに対するささやかな抵抗、遊び、息抜き、とでも言ったらいいでしょうか。

 

TPOといった基本的な決め事やルールを破らない程度に「外し」を楽しんでみてください。

 

これは少しくだけた飲み会だったので、デニムシャツにネクタイ、オレンジのチーフで遊んでみました。

 

おしまい