海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ バリエーションがないのが男のファッション―ここ間違うといっぺんにダサくなる・・サイジングという魔物―Ⅱ

流行やファッションに全く無頓着なお父さん。

本人はそれでよくても、周りの特に女性の側からいろいろと注文があるようで・・・・

 

身近な存在の異性、ということでいえば、もし娘がいれば、これは奥さん以上にもっとうるさい存在になり得る。

「お父さん、もう少しましな格好してよっ!!私が恥ずかしいじゃないの!一緒に歩けやしないっ!」

と、文句を言われているお父さんは多いかも知れない。

 

ただ、こういった場合、こんな風に、実際本当に口に出して言われるのはまだましな方で、暗黙のうちにそう思われている、というケースの方が多いので気をつけた方がいい。

ほとんどの場合、そう思ってはいるものの口に出して言うのもめんどくさい、と考えているフシがあるのだ。

 

と、まあいろいろ書いてきたが、具体的にはどうすればいいのであろうか。

流行に疎いお父さんが、そういった世界に多少なりとも明るくなるには、いったいどうしたらいいのであろうか。

 

男性のファッションといえば、基本、ホワイトカラーであれば仕事中はスーツ、プライベートではジーンズとかスエットの上下とかであろう。

あまりバリエーションがないのが男のファッションである。

 

とはいえ、それが言えるのは中年以上の話であって、男性でも若い子などは雑誌とか見ていても、かなり奇抜な恰好をしている。

あれが流行なんだ、と言われると、それに追随するのは、お父さんとしてはちと辛い。

 

そこまでしなくても、何か今の延長で「流行遅れでダサい!」と言われずに済む方法はないものか、考えてみた。

しかしこれは、先述のように男性の場合、女性と違ってバリエーションがそんなに多くないので、どう工夫していいのか、なかなか見えてこない。

 

         スーツだと決まり切っているのでいいんですが・・・・・

 

つづく