海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 知識やスキルに負けないくらい重要な要素、コミュニケーション能力―人の評価「ブランドじゃんけん」について考える ―Ⅴ

職場で最も求められる要素は「仕事ができるかできないか」である、と書いたが、これはどんな職業であっても当たり前の話であろう。

「あいつは、仕事はさっぱりできないけれど、いるだけで場が和むからまあいいや。」

などと、余裕で言っていられる職場などそうは多くない。(なくはないかも知れない・・)

 

最低限のスキルや知識を身につけなければ、そもそも仕事など成り立つはずがないのだ。

それでは、そういった基本が身についたとして、それから先も、ひたすら知識をつけることに邁進し、スキルアップだけを図ればいいのか、といえばそうもいかないからややこしい。

 

仕事を円滑に進めるためには、知識やスキルに負けないくらい重要な要素がある。

いったい、なんであろうか。

それはコミュニケーション能力である。

これもほとんどの職場で求められていることではないだろうか。

 

知識やスキルにこの要素がプラスされたとき、いっちょ前の職業人といえるのだ。

そうなると、必ずしも男性が有利とばかりはいえない状況になるのである。

特に私の職業の場合、それが言える。

 

中小企業の場合、奥さんや社長のお嬢さんなど女性が経理を担当しているケースが多い。

そうすると、彼女たちにとって、中年の気難しそうなおじさんよりは、女性の担当者の方が何かと話題も合って気が楽、というのは、当人たちからよく聞く話である。

 

コミュニケーション能力という点では学歴もあまり関係ない

高学歴であってもコミュニケーション能力の低い人はいくらでもいる。

というよりむしろ、高学歴ゆえにプライドが邪魔して、良好なコミュニケーションを阻害している場合だってあるのだ。

 

ただ残念なことに、コミュニケーション能力が高いとか、すごく愛嬌があって愛想がいいとかは、それだけではにわかにはブランドといえないのである。

しばらく接触したあと、仕事のスキルプラスそういった点が確認された時点で、初めて評価されることになる。

 

   パーソナリティさんといつものコミュニケーション

 

つづく