海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ こんなタイプが「人生相談」に投稿してくるのは珍しい―男はいくつになっても・・・我が儘を自覚しない?!?―Ⅲ

一生懸命働いて、家族には何不自由させなかった、というこの男性。

周りからどう見えているか、についても思い込みが強いようで・・・・

 

この男性が言っている「頼りにされ、人望もある・・」というのは、前段の「家族に不自由はさせなかった・・」という文章からすれば、「自分は、金銭的な面で頼りにならない、ということはなかった。」

ということにもなるのだろう。

しかし、金銭面で頼りにされる、という状況くらい頼りにならないものはない。

 

随分もってまわった言い方になったが、金銭的に頼りにされるというのは、逆に言えば、金の切れ目が縁の切れ目、になりやすいともいえるのだ。

この男性は「頼りになる」というのが、本当に自分の人間的な魅力によるものだったのか、それはひょっとしたら金の力ではなかったのか、という点は、大いに振り返ってみる必要があるのではないか。

 

さらに「人望がある」というのも同様である。

本当の「人望」というのは、その人間を心から敬愛することで生まれるものだ。

果たしてこの男性にそんな魅力があるだろうか。

 

そもそも「人望があるかないか」などというのは、軽々しく自分から言い出す話ではない。

それは第3者による周りの評価によって決まることである。

自分で言っている時点で、なんだか心もとない気がする。

 

男性の相談はさらに続く。

―私の言葉がきついと周りに言われ、傷つけてしまうようですが、悪気はありません。

そのことも含めて受け入れるのが愛情ではないでしょうか。

この年で自分が変われるとも思いません。―

 

うーーん、ここまでくると立派なものである。

これほど堂々と「私は我がままであります。」と表明している人を見たことがない。

このタイプがこんな風に「人生相談」などに投稿してくること自体珍しいといえよう。

 

「言葉はきついが悪気はない。」と言っているが、現に人を傷つけているのであれば、直すべきである。

「受け入れるのが愛情・・・」というのは奥さんのことを言っているのだろう。

しかし、こんなことを言われたのではたまったものではない、というのが、奥さんの素直な感想ではなかろうか。

 

 

つづく

 

【お知らせ】
海江田事務所は、少々不便な立地(かなり田舎なもので・・)です。
にもかかわらず(むしろそのために)極めて眺望の優れたリゾート施設みたいなオフィスです。
とても感じの良い(?)女性スタッフが淹れたてのコーヒーでおもてなしいたします。

これまでの税理士事務所のイメージを覆すような明るい雰囲気。

是非、一度遊びに来てください。
税務に限らず、経営全般のごご相談に応じます。
5年後の我が社が「見える化」できてすごくよかった、というノウハウもありますよ。
皆様のお役立てることを心掛けています。