海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 危機状況において「傍観者」はいらない―コロナ危機、こういうときに抵抗勢力を押し切って一挙に改革を進めよう―Ⅲ

トライすることで判断できたはずのミスを恐れるあまり、絶対的に正しい判断や打ち手というものを要求する人たちの存在。

そのせいで、何もしないで取り返しのつかないところまで行ってしまう、という大きな過ちを犯してしまうという可能性も出てきます。

 

そんな人たちの持つ傾向を、G氏は次のように指摘します。

 

―与えられたポジションを手放したくない人、能力はそれほどだが努力もしたくない人、安定思考がしみついているという人…などが典型例ですが、こうした人たちは、「ほぼ無意識に僅かなリスクでさえ極端に嫌う」傾向があります。

 

このため、自分は責任を負わないようにしながら、何かリスクのある問題に対して、「問題点やマイナス面、危険性…の指摘」ということを絶妙にします。

何かあっても「自分は問題を指摘した」と…。

しかし、本当にやっかいなのは、これらが一見、「賢そう」に見えることです。

 

会社などで、役職者の人などが、「このプランには、こういった問題点やマイナス面があるから、よく考えてからでないと…」などと話すと、不思議なもので「なるほど…よく考えているな…」などと、思われがちですが、冷静に考えれば、「何も言っていない」ことは、本当に経営をしている人からすれば、一発で分かることです。―

 

私がこれまでよく「したり顔の指摘屋」とか「わけ知り顔の批判屋」と呼んできた人たちです。

しかし、この手の人たちは、いろいろな事情に中途半端に詳しいので、同席したメンバーは「なるほど、そういうものか・・」と、妙に納得してしまうのはG氏の言われる通りです。

 

私の経験でもそうでしたが、こういう人たちが、時代が要請するようなイノベーションを起こすことは絶対にあり得ません。

何故ならば、彼らは常に「傍観者」だからです。

 

今回の新型コロナウイルスのような、絶対的な危機状況において、こんな「傍観者」が必要ないことはいうまでもありません。

やるべきことをどんどん進めなければ、状況の悪化は恐ろしいスピードで進行し、こちらの100%完璧な対応など待ってはくれないからです。

              常に当事者にならなくちゃー

 

つづく