海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 原点の原点、私はここで商売をしている!―すべての取り組みの前に社長がまずやるべきこと―Ⅰ

ところで、商売(ビジネスと呼んでもいいですが・・・)の原点の原点は、なんだと思いますか。

商品?サービス?お金?人材?信用?・・・・もちろんそういったものは必要ですが、「原点の原点」ということになれば、少し違う表現になります。

 

「原点の原点」はなんといっても

「私はここで商売をしている。」

という「存在そのもの」なのではないでしょうか。

「私が商売をしている。」

という事実がなければなにも始まらないわけです。

 

ものすごく当たり前のことを言っているので

「何を今さら馬鹿なことを言っているんだ!」

と憤慨される方もいるかも知れません。

しかし、果たしてこのことがちゃんとみなさんに理解されているでしょうか?

 

ところで私は、税理士業の一方でコンサルタントとしての仕事にも従事しています。

私の所属しているコンサルタントのウエブサイトにも実に様々なコンサルティングをなさる人たちがいます。

 

彼らのコンサルティングは例外なく、すでに動いている商売(ビジネス)の、商品開発であったり、営業戦略であったり、人材育成計画であったり、モチベーションアップの取り組みであったりと様々です。

すでに動いているビジネスへの様々なアドバイス?!?・・・・

 

そうです。

もともとコンサルティングとは、すでに動いているビジネスへの様々なアドバイスであり、それで成り立っている世界なのです。

これまた

「そんなことは当たり前じゃないか!」

と怒られそうです。

 

ただ、私は

「もう一つ手前の『原点』部分のコンサルティングがあってもいいじゃないか。」

と思っているのです。

それは先述の「存在そのもの」をもっと知らせたらどうか?という考え方です。

 

先に紹介した様々なコンサルティングも、我が社が存在して初めて成り立つものです。

我が社が存在している、ということが広く認知されていなければそもそも成り立たない話なのです。

 

            飲み屋街(本文とは特に関係ありません。)

つづく