海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ ふんとぷん―言葉は変わる。正しい日本語は?―

最近、ユーチューブの動画をよく見ている。

動画といっても面白系のものや珍しい系とかではなく、ビジネス系のものが多い。

実に様々な動画がアップされていて、情報収集先としては、これまでにはなかったネタ元で興味深い。

 

今日はその動画の内容そのものではなくて、そこで耳にした言葉使いが気になったので取り上げてみたい。

動画の始まりに次のようなナレーションが入った。

「これからお届けする3分間の動画を見て、なにかあなたのビジネスの参考になれば・・・・」

と、始まるのであるが、この中の「3分間」を「さんふんかん」と読んでいて、私には気になったのである。

私の感覚では「3分間」は「さんぷんかん」だろう、ということになる。

 

以前、娘が「4分間」を「よんふんかん」と言っていたのも気になった。

「よんぷんかん」だろう、と思ったからだ。

 

1から10までで整理してみよう。

1分、2分、3分、4分、5分、6分、7分、8分、9分、10分

いっぷん、にふん、さんぷん、よんぷん、ごふん、ろっぷん、ななふん、はっぷん、きゅうふん、じゅっぷん・・・となる。

「ふん」は、2、5、7、9で、「ぷん」は1、3、4、6、8、10ということになる。ここに特別な法則はなさそうだ。

ただ、3と4は、動画のしゃべり手も私の娘も「ふん」と読んでいたように、若い人には「ぷん」よりも「ふん」の方が、耳慣れているのかも知れない。

 

極めてハッキリしているのは、1と6と10で、これを「いちふん」とか「ろくふん」とか「じゅっふん」と読む人はいない。

微妙なのは8で、私は「はっぷん」と読んだが、「はちふん」と読む方が自然に感じる人もいるかも知れない。

 

言葉というのは時代とともに微妙に変わっていくもので、昔の常識がそのまま通じるとは限らない。

「ふん」と「ぷん」の使い分けについては、私の場合上記のようにしているが、これも変わっていくのだろう。

 

いずれにしても、正しく美しい日本語を残していきたいものである。