海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ ビジネスにおいて、新しいノウハウを身につけるチャンス―危機的状況下においても維持すべき姿勢や考え方とは―Ⅰ

私の事務所では、今回の新型コロナウイルス禍の状況下において、普段よりむしろやることは増え、様々な新しいことにチャレンジしました。

それは大きく分けて2つのことに集約されます。

 

一つは、一律給付金や助成金、特別融資など普段は実施されることのない公的金銭の給付や融資について、お客さんの申し込みや手続きをお手伝いすることでした。

もう一つは、テレワーク、リモートワークといった、これまでやったことのない新たな仕事のやり方を実践することだったのです。

 

3月から4月にかけては、緊急事態宣言に次いで、感染の拡大とその脅威が連日報道されていました。

状況が状況だったので、多少強引であることは覚悟の上で、所内のシフトや仕事のやり方を、世の中が置かれている状況に合わせました。

 

ただこれについては、いきなり実施できたわけではありません。

今回の事態には関係なく、ずっと以前からテレワークやリモートワーク的な仕事の処理方法は可能ではないのか?という発想は持っていました。

 

おそらく、やろうと思えば、事務所側としてはもっと早くからできたのではないか、と思います。

ただ、このサービスを受ける側の全体的な環境が、まだそういう状態ではありませんでした。

 

当時、すでに売り切れ状態にあったカメラやマイクなどの機材の調達など、実際に始めるまでにはいろいろと大変ではありました。

しかし、なんとかそろえることができて、いざやってみると比較的うまくいったと思います。

セッティングや操作など、みんなが慣れるのにもそんなに時間はかかりませんでした。

 

日本のみならず、世界の経済にとっても極めて大きな打撃を受けた今回の災厄でした。

とはいえこれは、ビジネスにおいて、新しいノウハウを身につけるチャンスでもあったと思います。

また、そんな風に捉えなければ、今回の事態を活かすことにもなりません。

 

まだ、今回の新型コロナウイルス禍の脅威が完全に去ったわけではありませんが、この数カ月を通じて教訓として得たことがあります。

それは、こういった危機状況に際しても、極端に業績を落とすことなく対処するには、普段からどうあるべきか、ということです。

 

           機材がいろいろと必要で・・・・

つづく