海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ ついに裁定は下された・・・―コート、コート、コート・・・続き―Ⅶ

長い間、探していたにもかかわらず、なかなか見つからなかった私の好みのダッフルコート。

偶然にも、ふらりと立ち寄ったポロ・ラルフローレンのショップで出会うことになった。

それまで散々探して、ほかで売っていないことはわかっていたので、一も二もなく買えばいいはずなのだが、その値段がいささか・・・・・

 

『特別なデザインでも、スペシャルな素材でもないこのコートがこの価格かあ・・・』

と、件のコートに袖を通し、羽織った姿を鏡に映しながらも、戸惑いを隠せない私。

まあ、これまでポロ・ラルフローレンの服は、何回か購入したことはあるが、基本的なデザインや作りはしっかりしており、買って後悔したということはなかった。

 

『どうせ長く付き合うことになるであろうこのコートも、後悔するということはあるまい。

それよりも、今買い損ねて

「あの時、やっぱり買っておけばよかった・・・」

と思うよりはいいか・・・』

頭の中でグルグルといろいろな思いが駆け巡る。

 

『ここで買い逃して、次に上京してきたときに・・・などと言っていたら、おそらく売れてしまっているだろう。』

頭の中は、無謀な決心に向かって大きく舵を取り、もはやまっしぐらに突き進みそうになっている。

そして、さして時間を要することもなく、ついに裁定は下された

 

「じ、じゃあ、袖の長さをお直ししてこれください。」

・・決断の言葉を伝える私に、先ほどから私を担当していた男性店員は、少し驚いた様子だった。

こんなに早く結論を出すとは思っていなかったのだろう。

 

袖の長さを計り、お直し分の計測をして支払いとなったとき、

「伝票を用意してきますので、こちらでお待ちください。今、飲み物など持ってまいります。」

と、売り場の中央にあるソファーに通された。

前の年、セーターを買ったことはあったが、こんな扱いは受けなかった。

 

おそらく、いくら以上の購入金額の客にはこういうサービスをしてもいい、といったマニュアルがあるのだろう。

顧客満足度を高めるサービスの一環で、うれしがる人もいるのだろうが、私にはなんだか落ち着きが悪い。

『まあ、あってもなくてもいいけどな。』

程度のものである。

 

しばらくしてカード決済の伝票と、お直しの受け取り伝票が手元にやってきた。

サインをして、後日、コートは送られてくることになったのである。

 

        これが件のダッフルコート。極めてベーシックな仕様であります。

つづく