海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ 私の価値が下がる?!?―人生相談、自分に気付いていない人の「場」なのか?!―Ⅱ

私が度々このブログで取り上げて、なにかしらのコメントを書き込む材料(ネタ)としている新聞の「人生相談コーナー」には、分析してみると三つのパターンがあることがわかった。

まず一つは相談の内容そのものに共感したとき、もう一つは相談者を悩ませている「相手」に関するもの、最後の一つは、相談者自身のキャラクターに相当問題があるもの、の3パターンである。

 

常に何か書くためのネタを探している私にとって、これらのパタ-ンの中で、

「ん!これはなにかしらコメントせずにはいられないぞ!」

と感じたとき、思わず書き始めていることが多い。

つまり、黙ってそのままスルーすることができないのである。

 

前回、この新聞の「人生相談コーナー」から取り上げたのは、同窓会の会長になれなかったのが悔しい、という70代男性の相談であった。

これは上記三つのパターンの最後、相談者本人に問題があるなあ、と私が思ったケースである。

 

せっかく本人がいきんで相談してきても、私のように感じるケースも多いようだ。

第3者から見れば、独りで隘路に入り込み空回りしてしまって、ただグジグジと悩んでいるように思えてならないのである。

 

しかし、相談者自身に問題があるなあ、と感じる中でも、かなり辛辣なものがあって、唖然とさせられるケースもある。

先日遭遇したある女性からの相談はそういった内容のものだった。

 

まず、相談のタイトルからいささか驚かされる。

そのタイトルは「夫のせいで私の価値下がる」というものであった。

 

それは次のような書き出しで始まる。

― 40代の女性公務員。夫との結婚生活に幸せを感じられません。―

 

出だしは普通である。まあ大抵の場合、このあとに、グータラ亭主でとか、マザコンでとか、大酒飲みでとか、DV(家庭内暴力)でとか、ギャンブル依存症でとか、が続く。

中でも一番多いのは、女癖が悪く苦労させられた、というものである。

 

しかし、今回の場合そのいずれでもなかった。

「なるほどそんな夫では、あなたの苦労もわかります。」

といった要素がまるでない相談だったのである。

 

                 夫婦、仲良く行きましょうや。

つづく