海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

お知らせ

所長ブログ ドストエフスキー体験があるかどうか?!?―文学全集、一家に一セットあると思っていたあの頃―Ⅷ

小学生の頃から家にあった3種類の「文学全集」。

その中で「少年少女文学全集」から始まって「日本文学全集」、「世界文学全集」まで読み、日本文学では、夏目漱石、芥川龍之介、太宰治などは個人全集まで購入して読んだのである。

 

それでは、世界の文学に対してはどうだったか。

わが家にあったのは、中央公論社の「世界の文学」で、まさに世界の文学を網羅していた。

 

この文学全集では、ロシア文学、ドイツ文学、フランス文学、英米文学、といったものを明確に分類してくれていたわけではないが、読んでいるうちに自然と自分で区別をつけていたように思う。

それぞれの国には特徴があった。

 

中でも私が惹かれたのは、何故かドイツ文学とロシア文学であった。

逆に英米文学にはあまり興味を持てなかったことを覚えている。

 

ロシア文学の巨人は言うまでもなく、トルストイドストエフスキーである。

「世界の文学」にも、この二人の作品は収録されていた。

 

二人の作品を読みながら、私が惹かれたのはなんといってもドストエフスキーであった。

「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」などが代表作であるが、いずれも大変な長編なので、読みこなすのにはとても骨が折れたのを覚えている。

 

ドストエフスキーに関しては、どうしても個人全集まで手に入れなければ、と思った。

ほかの作品もすべて読んでみたくなったのである。

そうやって、後ほど購入したのが河出書房新社の「ドストエフスキー全集」であった。

 

これを高校時代から浪人中にかけて読みこなしたのだから、今考えればすごい投下エネルギーだ。

おかげでというかその効用だったのだろう。

大学入試程度の国語の問題は、何ということなくこなせたのである。

 

ドストエフスキーには、イメージ的にどちらかといえば暗い作品が多い。

「罪と罰」などはその典型であろう。

「貧しき人々」「地下生活者の手記」「死の家の記録」などは、それがもっと極まっていると言っていいだろう。

まあ、ここまで読んでいる人はそういないとは思うが・・・

 

そんな中で、唯一ポジティブというか明るく見えるキャラクターがいる。

それは「白痴」ムイシュキン公爵である。

この底抜けの好人物をドストエフスキーは見事に描き切っている。

とはいえ、最終的に悲劇的であることに変わりはないが。

 

そんなドストエフスキーの内向的な世界観に魅せられ、深く入り込むように読んだものである。

幻冬舎代表の見城徹氏もその著書で

「僕はドストエフスキー体験があるかどうかが、人間を分けると考えている。」

と書いておられる。

 

            全体的には雑然とした私の本棚。

つづく

今日の川柳コーナー

◆昔なら 「内向的」が 今オタク

◆チャラ男でも 「外向的」と 呼ぶ現代

内向的=内省的、思索的、と悪いイメージではなかったんだけどなあ・・・