海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

ブログ

所長ブログ

最新の記事

趣味はいるのか?―何もない人生と言われたとしても・・―Ⅳ(おしまい)

食材を適当に組み合わせて料理を作ってみて、たとえ失敗だったとしても食ってしまう私。

 

とはいえ、あからさまな失敗は4,5回に1回くらいで、ほぼ想像したとおりの味にはなるのだ。

大丈夫かなあ??と、やや不安なときには、チーズとか胡椒とかをちょっと多めに足したりふりかけたりする。

そうすれば、なんとか格好がつくもんである。

 

テレビとか観ていると、よく

「冷蔵庫の中の有り合わせのもので、とりあえず作ってみました。」

といったセリフを聞くことがある。

私は、あれはてっきり料理の達人級の人のなせる業だと思っていた。

 

しかし、自分でやるようになって、料理のベテランでなくても、私みたいなテキトー人間でも作れるということが確認できたのである。

まあ、大して自慢になる話でもないが・・・・

 

私のカミさんは、レシピ通りの手堅い料理しか作らない。

ちょっとでも変わったものだと自分が食べられないからである。

 

それに比べると、私は少々変わったものでも何とか食えるから、料理のバリエーションは結構増えるかも知れない。

今はほとんど自分で食べるだけだが、そのうち、息子とか娘たちの旦那くらいには、多少得体のしれないものが出来上がっても「ほれ、食え。」と食べさせるかもしれないなあ。

そうなったら、今から楽しみだなあ・・・

 

まだ、料理を「趣味」と書くほど得意でもないし、どこまで好きになれるか今のところ不明ではあるが、なんだか楽しくなりそうな予感はする。

料理は得意になれば趣味と実益が兼ねられるから、お得な分野ではある。

 

まあ、今でも無理に「趣味」を作ろうなどとは思っていない私ではあるが、料理みたいに自然に身に付くものがあればいいな、と思う。

そんなものが見つかったら「趣味」の部類に入れて、人生の楽しみの一つにでもしていきますか。

 

   これは「豚肉のアボカド巻き」。私にしてはちょっと凝った料理です。

 

おしまい

 

 

これまでの記事

趣味はいるのか?―何もない人生と言われたとしても・・―Ⅲ

趣味はいるのか?―何もない人生と言われたとしても・・―Ⅱ

趣味はいるのか?―何もない人生と言われたとしても・・―Ⅰ

「読書」は私に何をもたらしたか―マイナスに始まるプラスとマイナス、トータルはプラスか?―Ⅲ(おしまい)

「読書」は私に何をもたらしたか―マイナスに始まるプラスとマイナス、トータルはプラスか?―Ⅱ

「読書」は私に何をもたらしたか―マイナスに始まるプラスとマイナス、トータルはプラスか?―Ⅰ

対内的なマネジメントと対外的な「情報発信」の二つが必要―社長が二足の草鞋(わらじ)を履く理由―Ⅲ(おしまい)

未来に向かった専用のコンサルティングが必要―社長が二足の草鞋(わらじ)を履く理由―Ⅱ

コンサルティングは未来に対するアプローチ―社長が二足の草鞋(わらじ)を履く理由―Ⅰ

1 2 3 4 5 6 152