海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

ブログ

所長ブログ

哲学、美学、或いは美意識などが求められ始めている―社長の「情報発信(アウトプット)」は「質」が問われる時代―Ⅰ

「月次関与」が松、「2,3ヶ月に1回関与」が竹、「年1関与」が梅―年1で行くか、月次で行くか、経営にどう向き合うかは社長次第―Ⅷ(おしまい)

2,3ヶ月に1回は中途半端―年1で行くか、月次で行くか、経営にどう向き合うかは社長次第―Ⅶ

思いつかなかった、習慣がなかったからでは?―年1で行くか、月次で行くか、経営にどう向き合うかは社長次第―Ⅵ

経営者の勘にも「誤差」はある―年1で行くか、月次で行くか、経営にどう向き合うかは社長次第―Ⅴ

年1回の関与では「経営」のお役に立つことは難しい―年1で行くか、月次で行くか、経営にどう向き合うかは社長次第―Ⅳ

中小零細企業にとって外部の「参謀役」は必要不可欠―年1で行くか、月次で行くか、経営にどう向き合うかは社長次第―Ⅲ

「月次関与」というビジネスモデルによって期中に業績がつかめるように―年1で行くか、月次で行くか、経営にどう向き合うかは社長次第―Ⅱ

「資金繰り」の問題は、経営者の悩みのタネ―年1で行くか、月次で行くか、経営にどう向き合うかは社長次第―Ⅰ

「情報発信(アウトプット)」に慣れなければ到達できない世界―追求すべきは「専門性」に裏打ちされた「独自性」―Ⅳ(おしまい)