海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

ブログ

所長ブログ

最新の記事

夢でもいいから会いたいよ・・・―こんな夫婦の絆もあるのか・・・―Ⅰ

読売新聞の「人生案内」はほぼ毎日読んでいる。

「私は内気な性格で友達ができなくて・・・」などという書き出しのときは飛ばしたりしている(自分で何とかしなさい、としか思えないので・・)が、ときおり「おっ!」という内容の相談があったりする。

 

 

先日読んだ相談は珍しかった。

それは「60年愛した夫を亡くす」というタイトルだった。(2019年5月10日付)

書き出しを引用してみよう。

―昨年の2月、60年間連れ添った夫を亡くしました。あまりにも突然で、今でも大きな悔いが残っています。

夫は明るい性格で、働き者でした。私は夫が大好きで一時も離れたくはありませんでした。―

 

この書き出しだけでも「ほほーぅ!」と思う。

人生相談でこんな書き出しは珍しい

この手のテーマのときは、大抵「主人には50年間DVで苦しめられました・・・」とか「ケチで辛抱の連続でした・・・」とかで始まる相談がほとんどだからである。

 

昔は、解答者も「間(あいだ)に誰か人を立てて、もう一度二人でよく話し合ってみては・・・」とか「他に趣味を見つけて気を紛らわせなさい・・・」とか無難な着地点を示すことが多かった。

「別れなさい・・・・」という答えは少なかったように記憶している。

 

近年は「離婚に向けて準備を進めなさい・・・」とか「子供たちと共闘戦線を組んで、いつでも独り立ちできるようにしておきなさい・・」とか、現状をはっきりと打開させるような答えが増えている。

ときには「なぜ、いつまでもグズグズと別れないのですかっ!」と一括するような解答も出てきているのだ。

 

そんな中、今回のように、亡くなった旦那さんをこんなに慕うような相談というのは珍しい

私は思わず読み入ってしまった。

 

 

つづく 

 

これまでの記事

「情報発信」は経営者が果たすべき最も大切な責務の一つ―経営者が常に先を見る癖をつけるために―Ⅳ(おしまい)

重要なのは情報のインプットとアウトプットに取り組むこと―経営者が常に先を見る癖をつけるために―Ⅲ

先を見据えながら変化に対応できるよう備えておくには―経営者が常に先を見る癖をつけるために―Ⅱ

多くなった「変化」対応力や柔軟性が問われる場面―経営者が常に先を見る癖をつけるために―Ⅰ

マルチな情報発信及び販売活動に取り組む―マルチチャネル戦略、現代の「情報発信」は一筋縄ではいかない―Ⅳ(おしまい)

複数のチャネルを駆使してマルチな展開にチャレンジ―マルチチャネル戦略、現代の「情報発信」は一筋縄ではいかない―Ⅲ

経営者の「情報発信」もマルチにできる―マルチチャネル戦略、現代の「情報発信」は一筋縄ではいかない―Ⅱ

販売活動におけるユーザーとの接点―マルチチャネル戦略、現代の「情報発信」は一筋縄ではいかない―Ⅰ

摩訶不思議な世界観、年配者と若者の「意識のずれ」―お金になるの?女の子にもてるの?思わず笑った世代間ギャップ―Ⅳ(おしまい)