海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

ブログ

所長ブログ

最新の記事

子供の人生はその子の人生―親子の確執、意に沿わないということを親はどう考えるのかーⅡ(おしまい)

親の側の願望や思いで子供の希望を修正させることが、はたして子供の幸せに繋がるものなのか・・・・・

 

例えば、進学先の選択時において、人文科学文系に行きたかった子どもに

「経済とか法律学部の方が将来安定しているから・・」

と、無理やり志望と違う社会科学系の方に行かせたらどうなるでしょうか。

 

親の希望通り、将来安定した職業についたとして、

「あの時、親のいうことを聞いていて本当に良かった。だから、今の安定した生活があるんだ。」

と、思うものでしょうか。

その子は、何かしら、割り切れない気持ちでずっと生きていくのではないかと、私は思います。

 

就職についても同じです。

自分の意に沿わないタイプの職業を、親の強力な勧めに逆らえずに選んだとしても、何かスッキリしない気持ちがずっと続くのではないか、と思うのです。

 

逆に、自分で選んだ道であれば、例え失敗したとしても納得がいくはずです。

「あの時、親はどうして止めてくれなかったんだ。どうしてもっと安定した道筋の方を進めてくれなかったんだ。」

と、思うものでしょうか。

 

さすがにそれはないでしょう。

まあ、仮にそんな風に思う人間がいたとしたら、その時点で人生失格でしょうが・・

 

つまり、親は自分の人生ではないのだから、過剰に子供の人生に口出ししても碌なことにはならない、ということです。

子供の人生は子供の人生です。

過剰に自分の思いや好みを押し付けるのは、大いなる過ちです。

 

仮に、自分で選んだ道で何か失敗したとしても、それを立て直すのは子供自身の責任です。

もちろん、助けを求められたときは、親はできる限りの手を差し伸べてやればいいだけのことです。

 

その子供の「自主性」に対する距離感の取り方とか向き合い方がまるでできていない親が多いもんだな、と、新聞の人生相談を読んでいるとしばしば思わされるのでこんなことを書いてみました。

 

 

 

おしまい

これまでの記事

もう一生会わない・・・?―親子の確執、意に沿わないということを親はどう考えるのかーⅠ

結構面白い社長が手掛ける多重的な「情報発信」―情報発信の際、媒体によって気をつけるべきこと―Ⅳ(おしまい)

書かれた原稿をただ読むほどつまらないものはない―情報発信の際、媒体によって気をつけるべきこと―Ⅲ

ラジオに出る際にも、服装はかなりきちんとしたものを―情報発信の際、媒体によって気をつけるべきこと―Ⅱ

新聞や雑誌は文字による紙媒体、テレビやラジオは音声や映像による電波媒体―情報発信の際、媒体によって気をつけるべきこと―Ⅰ

莫大な富を労働者から企業関係者や投資家に移転させる効果を持つー移民について考えるーⅦ(おしまい)

多くの人種が入り混じって普通に暮らす風景?ー移民について考えるーⅥ

移民がもたらす経済的利益は、負の影響によって容易に相殺されるー移民について考えるーⅤ

莫大な富が労働者から企業に移転しているー移民について考えるーⅣ