海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

ブログ

所長ブログ

最新の記事

他の車では決して得られない独自の世界観―マーケティングを超えて手にすべきもの・・スバルよ、6気筒の復活は?―Ⅱ

スバルは、現在のモデルのアウトバックから6気筒を作らなくなった。

世界でポルシェとスバルだけが有していた水平対向6気筒は、日本から姿を消したのである。

 

北米市場では、ニーズが高いのか作り続けているようである。

とはいえ、逆輸入は一般人にはハードルが高すぎる。

 

現在、スバルの業績は好調のようだ。

マーケティング的には成功しているのであろう。

自動車産業の中では、決して大企業とは言えないスバルは、燃費と走りのいい小型車の市場に活路を見出している。

 

そんな中、中型車の6気筒はどう頑張っても燃費の向上には限界があるようだ。

たぶん、それほど台数のはける車ではない。

 

燃費のことなど気にしないアッパー層が乗る車を扱う市場というものも世の中にはある。

その市場には、スバルではプレミアム度が足りないということか・・・

マーケティング的には正しいのだろうが・・・・

 

しかし、水平対向6気筒の持つ異次元といえるほどの快適なドライビングフィールには、他の車では決して得られない独自の世界観がある。

ワゴン車ではBMWにもメルセデスベンツにも乗ったことがあるが、運転時の感触の滑らかさにおいて私はスバルに軍配を上げる。

 

アウトバックは、以前新型の4気筒にも試乗したが、その出来はなかなか良かったとは思う。

しかし、やっぱり6気筒なのだ。

それはディーラーの担当者も認めていた。

 

こいつのスタイルはいいんだけどなあ・・・・・

 

つづく 

 

これまでの記事

スバル本社のショールームにはアウトバックの展示はなかった―マーケティングを超えて手にすべきもの・・スバルよ、6気筒の復活は?―Ⅰ

地方メディア・・横展開まで行けば面白くなる―社長の「情報発信」・・どれだけ粘れるか―Ⅳ(おしまい)

骨太な自社のストーリーを紹介する―社長の「情報発信」・・どれだけ粘れるか―Ⅲ

内的な質の向上と外的なチャレンジを実践する―社長の「情報発信」・・どれだけ粘れるか―Ⅱ

効果が出るまでの努力と時間を我慢できるか―社長の「情報発信」・・どれだけ粘れるか―Ⅰ

底が抜けた・・もうとっくに終わっている日本企業ー改めて日本型企業文化について考えるーⅢ(おしまい)

企業側学生側、両方の意識改革が必要?ー改めて日本型企業文化について考えるーⅡ

「就活コスプレゲーム」はもうオワコンー改めて日本型企業文化について考えるーⅠ

覚悟を持って事に当たれば大きな道が開ける可能性が・・―「それこそ」がよかった時代は、実は「それでも」良かった時代だった―Ⅳ(おしまい)